女性がコーヒーカップ片手にクッキーに噛り付いている

ダイエットで最も重要な食事法について知りましょう!

間食してダイエットを実現!食事回数を増やして痩せる不思議な食事法

更新日:

「食事を抜いて痩せようとする、いわゆる”食事抜きダイエット”は太る」という記事を以前お伝えしました。

[kanren postid="4208"]

食事を抜くことで様々な弊害が生じ、カラダに脂肪を蓄積させる原因になります。太りたくなければ、食事は最低3食しっかり摂りましょう!という内容でした。


ところで皆さん、むしろ食事回数を増やした方が痩せやすいことは、ご存知ですか?

「食べないと太るのに、食べる回数なんか増やしたら余計に太っちゃうでしょ!」

こうした叱責が聞こえてきそうですが、食べる回数を増やした方が痩せるというのは、事実です。

今回はそんな不思議な食事回数の話をしたいと思います。

きっと目からウロコな減量法だと思いますよ。

食事回数を増やして、痩せましょう!

それにしても「食べる回数を増やして痩せるなんてあり得る?」と思うのは、至極真っ当な考えです。これまでの常識からすれば、間違いありません。

しかし、それとは対照的に実際に4食以上の食事を摂っても太らずにいる男がいます。私です。

私は1日に7食も摂っていますが、太る気配は一切無く、むしろ体重は微減しています。

管理人Kicoのある一日の食生活を表した図
※この日は、減量中でトレーニングOFF日だったので、軽めのメニューになっています。

なぜ7度も食べて太らないのでしょうか。常識的には考えにくいですが、「今までの常識は、常識にあらず」。これが間食の不思議な効果です。

間食を取り入れて痩せる食事法を実践すべく、まずは手始めに「間食」の認識を改めてみましょう。きっとこれまでの「間食」とは違った側面が見えてきますよ。

間食とは「補食」である

間食とは、食事を補うもの。即ち、「補食」です。字面のままですね。ただスナックをバリバリと口に放り込むような食事ではありません。

では、「補食」にはどんな狙いがあるのでしょうか。

「なぜ補食をするのか?」
「なぜ補食をしても太らないのか?」
「なぜ補食を摂ることでむしろ痩せられるのか?」

これらの答えは、次の二つに集約されます。

[box class="yellow_box"]

  • 血糖値の低下を防止する
  • 常にたんぱく質を一定量、体内に備蓄しておく

[/box]

補食は、「血糖値の低下」や「たんぱく質不足」といったカラダに肥満化を促す要因に対処できます。これにより脂肪の蓄積を抑制し、ひいてはダイエット効果が得られるわけです。

これまでの“常識”からすると、極めてナンセンスな手法だと感じられると思いますが、今や“常識”は変わりました。これまでの間食に対するステレオタイプは投げ捨て、補食と再定義し、積極的に補食を取り入れましょう。必ずや望ましい変化があなたのカラダに訪れますよ。

今回の要点

今回の記事の要点は、次の通りです。

[box class="yellow_box"]

  • 食事回数を増やした方が痩せられるのは、紛れもない事実
  • 間食は「補食」と捉える
  • 「補食」は、カラダの肥満化要因に対処できる有効な手段

[/box]

食べる回数を増やして痩せられるなんて、夢のようですよね。

上記のとおり、カラダが太ってしまう要因の抑制効果が見込めるのは間違いないありません。補食を適宜取り入れれば、あなたの理想のカラダがグッと近づくはずです。

ただし、補食にも守るべきルールがあります。何の制約も無く、むやみに回数を増やして痩せることは、残念ですが出来ません。決して厳しいルールではないので、その点はご安心を。

このルールについては、次回の記事で詳しくお話することにしましょう。

次の記事はこちらです↓
[kanren postid="4389"]

-ダイエットで最も重要な食事法について知りましょう!
-, , , ,

Copyright© ダイエット女子|食事と筋トレで美ボディダイエット , 2019 All Rights Reserved.