食事管理アプリmyfitnesspalのロゴ

ダイエットで最も重要な食事法について知りましょう!

無料機能だけでも十分な食事管理アプリ「MyFitnessPal」を使ってできること

更新日:

この記事は、下記の記事の続編です。

女性がスマートフォンで食事の管理を行っている
食事管理アプリの決定版!MyFitnessPalが食事管理と相性抜群なワケを徹底解説!!

ダイエット成功のカギを握るのは、「食事管理」です。 その貢献度は、運動のそれと比較になりません。 運動も大切ですが、体重の減少をいち早くもたらしてくれるのは、 食事による栄養素摂取の管理と言い切って、 ...

続きを見る

食事管理は、健康で美しいカラダを作るダイエットには欠かせませんが、
煩わしさが伴うことは否めません。
そんな食事管理の煩雑さの解消に貢献してくれるのが、
食事管理アプリ「MyFitnessPal」です。
前回は、ここまでお話をしましたね。

今回は、いよいよMyFitnessPalの概要について見ていきます。
また、管理を効率的にしてくれるMyFitnessPalの機能についても、
ザッと解説していきます。

食事管理アプリ「MyFitnessPal」とは

食事管理アプリとは、日々の食事内容を記録するためのアプリケーションソフトウェアです。
摂取したカロリーや各種栄養素などの管理を手軽なものにしてくれるんですよ。
「MyFitnessPal」は、そんな食事管理アプリの決定版と言えますね。

そんなMyFitnessPalは、かの有名なアンダーアーマー社が提供しているアプリです。
大手企業の提供だからといって、一定の信頼性があるとは一概に言えませんが、
このアプリに関しては品質・信頼性とも良好だと考えています。
その最たる理由は、先日発生したアプリの不具合に対するアンダーアーマー社の対応です。

安心して使えると感じさせるサポート体制

私はMyFitnessPalをFitbit社のヘルスケアアプリと連携させているのですが、
先日、その連携によるデータの取り込みができなくなる不具合が発生しました。
その際のアンダーアーマー社の対応は、素晴らしく迅速かつ丁寧なものでした。
公式サイトでは速やかなアナウンスがなされ、
不具合自体も1日と掛からずに、解消されました。
不具合は無いに越したことはありませんが、
この出来事から、MyFitnessPalアプリの信頼性の高さを知ることができました。
全世界で5000万回以上のダウンロード回数を誇るというのも納得ですね。

一方、アプリの利用に関しても、特に問題は感じていません。
些細な点を改善してほしいという思いはゼロではないですが、概ね良好と言えます。

MyFitnessPalの何がいいのか?

数あるアプリを試してきた私がオススメするMyFitnessPalですが、
いったい何がそんなに素晴らしいのでしょうか?
それは何といっても、食事管理を行うには十分な機能が無料で利用できるためです。
しかも有料で提供されているサービスの機能を遥かに上回る利便性があるとさえ感じています。

プレミアム機能という有料サービスもMyFitnessPalには用意されていますが、
必須と言えるほどの差は無いでしょう。
つまりMyFitnessPalは、名実ともに無料で使える食事管理アプリというわけです。
無料で不自由なく使えるとなれば、もう利用しない理由はありません。
アプリを使った食事管理に興味があれば、ぜひ検討してほしいと思います。

続いては、MyFitnessPalの無料で利用できる機能について見ていきましょう。
「これで無料なの?」とその充実さに驚くはずです。

アプリの安定性について

唯一無二の優秀さを誇るMyFitnessPalですが、最近、残念な点があります。
それは、アプリが落ちやすくなってしまったことです。

iPhone Xに替えたことがきっかけなのか、
OSをアップデートしたことがきっかけなのか、
原因が何であるか、定かではありません。
2018年現在、この点は解消されていません。

この事象について、個人的なものですが、対処法を編み出しましたので、
ここで共有しておきたいと思います。

アプリ立ち上げ直後は、ホーム画面が表示されますが、
すぐに「ダイアリー」をタップして表示を切り替えましょう。
そのままにしていれば、アプリが落ちる可能性はかなり低くなります。

なお、ホーム画面に戻りたい場合は、
アプリ立ち上げ直後に上記の対応をしつつ、
ダイアリー画面で一定時間を置いてから、戻ってみましょう。
落ちるときは落ちてしまいますが、その確率は僅かながら低いように思います。

 

MyFitnessPalで使える無料機能

MyFitnessPalの無料で使える機能は、実に豊富です。
想定しうる通常の食事管理を行うには十分な機能が揃っています。

今回、その中で特に紹介したい機能は、次の3つです。

  1. 食事ごとのカロリー・栄養素管理機能
  2. 体重やウエストなどの管理機能
  3. 豊富な種類のサードパーティーアプリとの連携

食事管理においては、カロリーと栄養素の管理機能が”基本であり全て”ですが、
やはりMyFitnessPalにおいても、特に優れているのは1番目の機能です。

これらの機能については、下記で順に解説していきましょう。

食事ごとのカロリー・栄養素管理機能が秀逸

管理機能の中でも、特に食べたものの登録をサポートする機能が優れています。
その便利な機能は、次のようなものです。

  • 300万超の栄養素・カロリーデータベースから、データを引き出せる
  • 自分だけのメニュー(食品)を登録できる
  • 1食の内容を、あらかじめ丸ごと登録できる(「ミール登録」機能)
  • 商品パッケージのバーコードをスキャンして、メニュー登録できる

食事管理で最も煩雑な作業とされるのは、食べたものの記録行為です。
カロリーは食品それぞれ〇〇kcal、たんぱく質は〇〇gで、脂質は〇〇gで・・・と、
こうした記録を毎食行うのは、かなりタフな作業になります。
この“労働”の負担を和らげてくれるのが、上記の機能群です。
「データベース検索」と「ミール登録」機能を駆使するだけでも、
食事入力の負担は、かなり軽減されます
よ。
毎回の食事内容がほぼ固定の方にとっては、
「ミール登録」も強力なサポート機能になるでしょう。

以上のような機能を有するMyFitnessPalは、
食事管理の肝と言える、日々のカロリー収支計算や三大栄養素の摂取量管理を、
作業負担を軽減させつつ、効率的に行うことができます。
具体的な操作方法については、後日アップ予定の記事で紹介しますので、
今回はサラッと簡単に食事登録の流れを見てみましょう。

食事登録の流れ

上記に紹介した登録機能は、直感的に使用できる印象です。
下の画像にある「+フードを追加」をタップして、
登録したいフードを見つけてタップすれば、入力完了。
単純明快、とっても簡単なんです。

ダイアリー内にある「+フードを追加」をタップします。

ダイアリー内にある「+フードを追加」をタップします。

登録したいフードを見つけてタップすれば入力完了です。

登録したいフードを見つけてタップすれば入力完了です。

入力した内容を円グラフでチェック

すべての内容を入力すれば、
食事ごとの摂取カロリーが円グラフで確認できます。

食事ごとの摂取カロリーがパッと見で分かります。

食事ごとの摂取カロリーがパッと見で分かります。

ビジュアルにもしっかり訴えかけてくれる、
分かりやすいユーザーインターフェースがナイスです。

カロリー収支をチェック

カロリーを把握する場合は、
ダイアリー最上部にある「カロリー摂取可能」を見れば、一目瞭然です。

カロリー収支は、ダイアリー上部「カロリー摂取可能」項目で確認できます。

カロリー収支は、ダイアリー上部「カロリー摂取可能」項目で確認できます。

三大栄養素の摂取バランスや摂取量を確認したい場合は、
「栄養」画面の「主要栄養素」の円グラフを見れば一目で把握できます。

アカウントの設定項目内で「目標」を設定しておけば、
「主要栄養素」の中で三大栄養素ごとの目標達成度も把握できますよ。

MyFitnessPalの操作説明を示した画像

三大栄養素ごとの摂取量も見ることができます。

各栄養素ごとに、現時点での摂取量と目標摂取量の差を確認できるのも、嬉しいですね。

どんな栄養素を摂り過ぎているか、
逆にどんな栄養素が不足しているかがパッと分かるので、
栄養素の摂取バランスを考えて、食事内容を組み立て直すことが出来ます。

これらのデータにアクセスできる機能がすべて無料ですから、
MyFitnessPalすごいです。

ダイエットの成果も記録できます

「プログレス」というメインメニューの項目では、
体重、ウエスト、ヒップなどの記録もできます。
入力内容はグラフ化されるので、分かりやすく表示されます。

体重も記録には画像も添付でき、
以前の自分との変化を画像で比較できる機能があります。
ダイエットのビフォーアフターで見比べてみると、面白いかもしれませんね。

サードパーティー製アプリとの連携が多彩

わたしはFitbit社製フィットネストラッカー(活動量計)との連携のために、
Fitbit公式アプリと連携させているのみですが、
MyFitnessPalは、数多くのアプリケーションと連携することができます。
Fitbit社やGarmin社、Polar社といったフィットネストラッカー大手のアプリはもちろん、
アンダーアーマー社製の多様な純正アプリ、
その他にも把握しきれない数のサードパーティー製アプリがあります。

気になる方は、MyFitnessPal公式サイトを確認してみましょう。

MyFitnessPalの有料サービス「プレミアム機能」って?

MyFitnessPalは、無料の機能だけで十分なことは、周知のとおりです。

とはいえ、MyFitnessPalにも有料のプレミアム機能が用意されています。
さすがにお金を払うだけあって、輪を掛けて便利になることは間違いありません。

とりあえずプレミアム機能について、どんなものがあるのか見るのが一番だと思います。
公式サイトの文言そのままに、プレミアム機能を下記に列挙したので、
ザッと一読してみましょう。

  • 栄養素ダッシュボード
    :個人目標を達成するのに最適なビューを選択できます
  • フード分析
    :気になる栄養素を最も多く含むフードを確認しましょう
  • ファイルのエクスポート
    :プログレス、食事、エクササイズのデータをCSVファイルとしてダウンロードできます。
  • 食事ごとのカロリー目標
    :食事ごとにカスタマイズしたカロリー目標を設定。
  • 日によって異なる目標を設定
    :曜日ごとにカロリーや主要栄養素の目標をカスタム設定できます。
  • エクササイズカロリー設定
    :エクササイズした時に一日の目標を増やすかどうかを選択できます。
  • 食事別の炭水化物、タンパク質、および脂質
    :ダイアリー中の主要栄養素をグラムまたは割合で表示します。
  • 炭水化物、タンパク質、脂質をクイック追加
    :脂質、タンパク質、炭水化物のグラム数を数秒で記録できます。
  • グラム毎の炭水化物、タンパク質、脂質
    :主要栄養素目標をグラムまたは割合で設定。
  • 優先カスタマーサポート
    :優先カスタマーサポートで迅速な対応をご提供します。
  • 広告なし
    :目障りな広告なしに目標達成に集中できます。

ハイライト表示させましたが、わたしがこの中で無料で使えないのが痛いなぁと感じるのは、
「食事別の炭水化物、タンパク質、および脂質」機能です。

わたしの場合、食事管理の際には、
食事ごとの三大栄養素のバランスに気を付けるようにしています。
そのため、食事別に三大栄養素の摂取量がパッと見られないと、
食事ごとの摂取バランスが取れているか把握しづらいので、
ちょっとストレスを感じるんですね。

その他の機能も、食事管理の作業効率を高めてくれるものばかりです。
とはいえ、各々のニーズよってその価値は分かれるところですから、
プレミアム機能を検討する際は、しっかりと内容を把握したうえで必要性を判断するようにしましょう。

今回の要点

今回はMyFitnessPalの特徴をはじめ、
無料・有料の機能にフォーカスして解説しました。

要旨をまとめると、次のようなものです。

  • MyFitnessPalは、信頼に足るアプリ
  • MyFitnessPalの無料機能だけで、十分に食事管理が行える
  • 必須ではないが、有料であるプレミアム機能の利用価値は決して低くない

次回はMyFitnessPalを活用して食事管理を始めるべく、
ユーザー登録について見ていきましょう。
具体的フローを、画像を用いて解説していきます。

次の記事は、こちらです↓

欧米人女性が体重計を顔の前で持っている
【解説】食事管理アプリMyFitnessPalの使い方「ユーザー登録編」

  前回は、MyFitnessPalの概要および無料で使える機能、有料で使える便利な追加機能について紹介しました。   今回から数記事に渡って、MyFitnessPalを使って食事 ...

続きを見る

-ダイエットで最も重要な食事法について知りましょう!
-, ,

Copyright© ダイエット女子|食事と筋トレで美ボディダイエット , 2019 All Rights Reserved.