チートデーの減量効果

甘やかしに思えてしまうチートデーですが、実は食事制限にとって欠かせない要素で、とても意義のある食事行為です。

以下では、チートデーがただの「甘やかしデー」ではない理由について説明していきます。

チートデーとは

チートデー(Cheat Day)とは、減量中のカロリー制限を取り払って、好きなものを食べていい日のことです。

チートデーの内容・頻度

人によって内容はまちまちで、何の制限も設けずに食べられる日としたり、炭水化物だけ多く摂る日としたりするなど、多種多様です。

頻度も週1日、2週間に1日など様々です。

チートデーの内容は自分で決める

ページの最後に目的別のチート内容を例示しておきますので、参照してみてください。

チートデーの必要性

チートデーは、主にリバウンド対策や減量の停滞期の打破、食事制限のストレス解消などのために行われるのが一般的です。

その中でも減量停滞期の打開策として非常に有効で、医学的な根拠もあります。

カラダは状況に順応する

人間のカラダはよくできていて、食事制限によって摂取カロリーを抑え続けていると、次第にカラダがその摂取カロリーを基準にしようと基礎代謝量を調整し始めます。

これを「生体恒常性による環境順応」といいます。要するにカラダのエネルギー消費量が減って、痩せにくいカラダになってしまうのです。

環境順応が起こって基礎代謝が減少すれば、自ずとエネルギー消費の総量が減ります。すると制限している摂取カロリーと代謝量とのギャップが小さくなってしまうので、当初想定していたダイエット効果が思うように得られなくなってしまうのです。

カラダを欺いて代謝を維持する

こうした生体恒常性による環境反応の対処に役立つのがチートデーです。

チートデーによって通常よりも多くのエネルギーを体内に送り込んで、「エネルギー消費量を抑えるのは間違いで、今の基礎代謝量を維持する必要がある」とカラダに錯覚(チート)させます。

これで環境順応による基礎代謝量の減少が起こらなくなるので、食事管理による摂取カロリーの制限はダイエット効果を保つことができます。

これがチートデーがダイエット期間中に必須とされる根拠です。

チートの内容を決める

チートデーの内容は、自分の目標や状況に合わせて決めるとよいでしょう。

下記に目的に応じてチート内容を決める例を掲載しておきます。

チート内容例:ダイエットが目的の場合

炭水化物よりもたんぱく質と脂質を多く摂るようなチート内容にするとよいでしょう。炭水化物に含まれる糖質は大量に摂取すると脂肪としてカラダに蓄積されてしまうため、チートにおいても抑えておくのが無難です。

チート内容例:筋肉を増強したい場合

たんぱく質と炭水化物を積極的に摂るような内容が望ましいです。筋肉を増強するには、激しいトレーニングが欠かせませんから、それをこなすだけのエネルギーを糖質から摂る必要があります。たんぱく質は筋肉を増強するために直接的に必要な栄養素なので、十分に補います。

以上のような感じで、自分自身のニーズを確認して適切なチート内容を決めて、実践するのが最も効果的です。

更新日:

Copyright© ダイエット女子|食事と筋トレで美ボディダイエット , 2019 All Rights Reserved.