クリップボード片手に握手を求める男性

【運営者情報】管理人Kicoのプロフィール

はじめまして、Kicoです。

JAZZとブラックコーヒー、上腕三頭筋を追い込むのが好きなKicoと申します。

好きな言葉

Be the change, you wanna see in the world.

 

「ゲーマー」から「健康オタク」へ

最近はめっきりプレイしてませんが、若かりしころは、ゲームにドップリでしたね。毎日ひたすらゲーム、ゲーム、ゲーム・・・。

ゲームから得られる中毒的快楽ってスゴイですよね、よくできてる。脳裏に未だ刻み込まれてるようで、たまに『フロントミッション2』とか、無性にやりたくなります。

先日久々にNintendo Switchの『ゼルダの伝説 Breath of The Wild』に手を出したら、エライ目に遭いました(面白過ぎて)。

僕ってのめり込んじゃうと、クモの巣にかかった虫みたいになっちゃうんです。もがくほど、深みにハマる。だから抵抗せずにプレイし続けて快楽に溺れる・・・蟻地獄ですね。残念ながら「時間」は有限で、且つ直接的に買うことができません。僕は他にやりたいことがたくさんあるので、泣く泣くゲームに手を出すことを戒めてるんです。自分の弱さを知っているが故の対策ですね。

今は、ダイエット成功を機に「健康オタク化」が進行中
ダイエット法の真偽を判断すべく、実際に効果測定することにハマってて、チラチラ気になるダイエット情報をキャッチしては、自分のカラダで試してます。カラダに良さそうな食材・食品を見つけては食事に取り入れたりして、食生活の改善にも余念がありません。
"STAY FIT, STAY HUNGRY."とは、僕がダイエットのモットーとして掲げている言葉ですが、それを継続的に体現していきたいという思いの現れが「健康オタク化」です。

 

“肥満”というコンプレックス

僕は、忍耐というか、根性無かったですね。コンプレックスに打ち勝てなかった。認めます。

 

ドイヒーな”100kg超級”時代

僕は小学校高学年ころから徐々に太り始めて、浮き沈みはありましたけど、ピークには余裕の100kg超級でした。

体重のピーク100kg超級だったころの管理人Kico

これはドイヒーですね・・・。アップした僕自身が引いてます。
不思議な話ですけど、太ってると何故か容姿を気にしなくなるんですよね。
それにしても、このロン毛はエグイな・・・笑

 

憧れに近づくことすらできなかった弱い自分

Uri Budgie Gitanoさん(@urigitano)がシェアした投稿 -

小さいころは映画「コマンド―」を観てシュワちゃんに憧れてました。

「あんなマッチョになりたい!」なんて思いを馳せつつ、ぶくぶく太っちゃって。努力なんかしなくてもシュワちゃんみたいな鋼の男になれるとでも思ってたんでしょう。想像力が完全に抜けてましたね。

 

聞こえの良いダイエット情報に現を抜かす始末

現代社会には聞こえの良いダイエット情報が縦横無尽に飛び交っています。その状況は昔から何一つ変わってません。
そんな情報群に感化されては、ダイエットに成功する自分を夢見て、ダイエット商材に手を出してみたり。でもすぐに挫折、三日坊主も真っ青の即ドロップアウトです。

「やっても痩せねぇじゃんか・・・」

挙句の果てに、自分の忍耐力の無さを棚に上げて、人のせいにしたりして笑。そんな茶番劇をオーバー&オーバーアゲイン、ついこの間までやってたんですから、救えませんでしたね。

 

そりゃ痩せないし、太るわ。

 

今思えば、そんな感じですね。努力を何一つしようとしない自分のことを棚に上げておいて、他力本願に終始。終いには他人に対して愚痴る始末。そりゃ痩せませんよ、昔の自分。

 

やればできる子!なんかできちゃったダイエット

欧米人男性が両手親指を立てて笑顔でいる

そんなブタ野郎Kicoがついにやらかしてしまったんです。
結論、僕は【セルフRIZAP(ライザップ)】で痩せました。

見様見真似でライザップのカリキュラムを、自分なりに分析して実践してみたんですね。
そしたら3ヵ月で15kg以上も痩せちゃった

文字で説明するよりも、画と数値で見せた方が説得力ありますよね。
お見苦しくて恐縮ですが、下の画像を見てください。

セルフRIZAPダイエット法による管理人KicoのBefore-After画像

【画像左】本腰を入れてダイエットを開始したころの僕。
【画像右】画像左から約3ヵ月後の僕。

ビフォーアフターのデータは次のような具合。

<BEFORE 2017.11.16>
【体重】89.8kg
【体脂肪率】28.5%
【筋肉量】64.2kg
<AFTER 2018.2.14>
【体重】74.4kg
【体脂肪率】16.3%
【筋肉量】59.1kg

管理人Kicoの減量の推移を表したグラフ

これまで数kgの減量も出来なかった男が、突然の体重15kg減、体脂肪率12%減
ついに僕のダイエット史上で革命が起こりました。
そりゃ周囲を驚かせましたが(むしろ病気を疑われた笑)、自分が一番ビックリしましたよ、ホント。

今まで実現できなかったダイエットがすんなりできてしまって、拍子抜けした部分もあるんです。意外というか、考えてみれば最もなんですけど、ダイエットって案外「食事管理」だけでも痩せられちゃうんですよね。運動も取り入れて地道にこなせば、体重って上の例みたいにスーッと落ちます。

今では、この経験で健康に目覚めて食事管理やら筋トレやらについて考えるようになりました。

 

何がきっかけで一念発起したのか??

右腕を上に掲げている男性

背中を後押しするビッグインパクトがあったわけじゃないんですよ。ただ90kgくらいあったので「そろそろ、ヤバイな・・・」って漠然とした不安を抱いてたんです。

 

僕が痩せるために行ったこと

それで重い腰を上げて、早朝ウォーキングを始めたんです。
まずそれで2~3kg落ちましたね。完全なビギナーズご利益ですが、それでも嬉しかった。ただ同時に危機感がありました。リバウンドが恐かったんです。

それで急遽始めたのがバーベルを使った筋トレでした。
自分の背中を後押しするために、Amazonで筋トレアイテムをガッツリ一式を爆買い。
この「完全に素人が勢い余ってやっちゃった」パターンが良かった。「いきなりかよっ!」って感じですけど、揃えちゃうことで後に引けないっていうか、「いかにも、やってるっぽい」ギアがやる気に火を付けましたね。こういうファーストステップを踏み出せるかって大切です。

やり始めると、どんどん新しいことにチャレンジしたくなる気持ちが沸いてきました。

そして、いよいよ手を出したのが食事管理です。
今話題の糖質制限ダイエット、ケトジェニックダイエットとも言われますね。これには、それなりの医学的根拠があるので、裏取りをした上で取り入れました。糖質を制限したことがすべてじゃないんですが、その効果はテキメンでしたね。
早期に食事管理を取り入れたのは、大きい収穫でした。これは人生においてもデカい収穫ですよ。老後の僕が感謝すると思います。

 

ダイエット法を最適化していったら、ライザップに行き着いた

結果的に僕が行き着いたダイエット法は「食事制限+筋トレ」という二つの歯車をガシガシ回すハイブリッドメソッドでした。フタを空けてみたら、まさにライザップ流だったんです。

そこでこのサイトでは、僕が実際に行い成果を挙げたダイエット法を“セルフRIZAPダイエット法”と銘打って、皆さんに情報提供することにしました。我ながら分かりやすいネーミングだと思うんですが、どうでしょうか??

 

ダイエット成功後、現在の僕は・・・?

ジャンプして喜び全開のひげ面の欧米人男性

今回のダイエット成功でひと段落したので、今は体重を落とすことには注力していません。

その代わりに、今回の減量中に疑問に思ったことがチラホラあったので、それについて自分のカラダを使って検証してみようと目論んでます。ダイエットに関する造詣を深めて、よりよいダイエット法を構築していきたいですね。この過程で何か面白い情報があった際は、この場で皆さんと共有したいと思います。

何より今は、こうしてサイトを立ち上げて、信頼できるダイエットの知識を僕なりに発信することに集中するつもりです。純粋に一人でも多くの方にダイエット成功の感動を味わってもらいたい!過去に肥満コンプレックスに悩んでいた僕だからこそ、そんな思いが強いです。

しかし社会とは世知辛いもの。ネット問わず、社会にはダイエットの”デマ情報”が蔓延しています
これに抵抗すべくサイトを立ち上げた、という意味合いも強くあります。

良心無き悪質な情報に惑わされている方々が、実際にダイエット成功から遠ざかってしまっているのではないかと想像するに、とてもいたたまれない気持ちになってしまいます。

 

ダイエットの”デマ情報”に惑わされないで!

メガホンを片手に叫んでいるスーツ姿の欧米人男性

なぜ僕があえて労力を費やしてまで、サイトを立ち上げて減量の成功体験を発信しているのか。その訳は、ネットを問わず、ダイエットに関する“デマ情報”がいたるところで散見されるからに他なりません。

 

ダイエットへの渇望心に付け込んでくる悪徳商人たち

ダイエットに対する願望というものは、非常に強いものがありますよね。

「なんとしても痩せたい!キレイに、かっこよくなりたい!!」

その思いに悪徳商人たちは付け込んできます。「最短距離で目的地に辿り着けますよ」と謳っておいて「出口のない無限ループ」に誘い込むような商法や商品を売りつけてくる。「これさえ買えば痩せるよ~、痩せるよ~」と甘い声を掛けてくる。その商品・サービスを使う消費者のことなんて、ちっとも考えちゃいません。

 

消費者に情報の真贋は見極められな

何より問題なのは、ダイエット成功を渇望する一般消費者には専門的な知識がないため、情報の正誤判断ができないことです。

未だに解明されていない専門分野のいわゆる”グレーな情報”を持ち出されたら、もはやダイエットの専門家でも100%正確に「YES or NO」を下せないでしょう。それがダイエットにまつわる情報の正確性の現実です。

(例えばコレステロールは、ひと昔前までは「摂るべきじゃない」と豪語していた専門家たちが、今では「必ずしも悪いものじゃない」と手のひらを返したように言っています。医学や化学なんて、その程度のものです)

そして悪徳商人は、そのグレーゾーンを盾に、一般消費者に襲い掛かってきます。大手を振って疑わしい情報を「100%真実!信じる者は救われる!!」と謳って欺くわけです。これはもう詐欺レベル。警察に突き出せない詐欺ですよ、これは。

 

皆さん、そろそろ目を覚ましませんか?

こんな詐欺まがいな商法を涼しい顔でさせ続けるわけにはいきません。結果の伴わないダイエットへの投機は終わりにしましょう。

僕自身も騙されてきた節があるし、減量達成という結果を喉から手が出るほど欲しがってきた人間だからこそ、そういう情報に流される人たちの気持ちが分かる気がするんです。
純粋にダイエットを望む善良な人々が“デマ情報”に金を払わされて徒労に終わる。その結果に対しては何らの保証もされずに泣き寝入り。そんなバカな話をまかり通らせておきたくないんですよ。

だから僕みたいなダイエット成功者が一人でも多く、経験則に則って効果のあった方法を“正しい情報の一つ”として発信していく必要があるんじゃないかって感じてます。

みなさん、目を覚ましましょう。皆さんは既に頭のどこかで分かってるはず。そう簡単に達成できるほど、ダイエットは甘いもんじゃないってことを。

「急がば回れ」は前時代的過ぎで、正しい知識をもってすれば、思いのほか効率的に痩せられますけどね。

 

「ここ」をあなたのターニングポイントに!

「i can't do it」の「't」をハサミで切り落として、「i can do it」にしようとしている

僕の好きな映画『The Dark Knight』の劇中で、
地方検事のハービー・デントは、こう言っていました。

The night is darkest just before the dawn.
And I promise you …
the dawn is coming.「夜明けは近い

「夜は夜明け前が最も暗い。そして夜明けはもうすぐやってくる」と。

思うように痩せられない、醜い自分を見るのは嫌だ、変わりたい。でも変われない・・・。
今あなたは、そんな夜の真っただ中に居るのかもしれません。

でも、安心してください。

あなたのダイエット成功という夜明けは、すぐそこまで来ています。

このサイトで僕と出会い、この記事を読んでくれていることが、その証明です。
あなたは、今まさに変わろうとしている。
だからこそ、あとは夜明けを迎えるべく、
正しい情報を携えて、ダイエットという強敵を真っ向から迎え撃つのみです!

 

ダイエットを始める前に、まず知ってほしいこと

早速、あなたのダイエット史に革命的な1ページを加えていきましょう!

下記の記事は、ダイエットを成功させる上で欠かせない”ダイエット成功のカギ”である、ダイエットの原則についてお伝えしています。
これを知っているか否かで結果が大きく変わってくる可能性すらある重要なインフォメーションを、あなたのダイエット成功を祈願して書きました。
ちょっと長いですが、ぜひダイエットを始める前に、一読してほしいと思います。

左手の人差し指を立てて、掲げている
デマ情報に惑わされるな!!ダイエット成功のために知っておくべき、たった1つの原則

現代社会には、多くのダイエット情報が飛び交っています。 その数の多さゆえ、どれをチョイスしたらよいか悩むほど。 しかし、それらに翻弄されちゃいけません。 社会に蔓延するダイエット情報は、あなたの心の隙 ...

続きを見る

Good Luck !!

更新日:

Copyright© ダイエット女子|食事と筋トレで美ボディダイエット , 2019 All Rights Reserved.