机の上にスマホ、フォーク、メジャー、野菜類がのせられている。

ダイエットで最も重要な食事法について知りましょう!

【解説】食事管理アプリMyFitnessPalの使い方「食品登録:ミール作成編」

更新日:

この記事は、食事管理アプリ「MyFitnessPal」について紹介する記事の続編です。

ノートにスタートダイエットと題して、何かを箇条書きしようとしている。テーブルにはスマートフォンやメジャー、野菜類が置いてある。
【解説】食事管理アプリMyFitnessPalの使い方「食品登録:レシピ作成編」

この記事は、食事管理アプリ「MyFitnessPal」について紹介する下記の続編になります。 前回は、MyFitnessPalの食品登録の土台となる「フード作成」機能について解説しました。 MyFit ...

続きを見る

前回は、MyFitnessPalの応用的な食品登録機能である「レシピ作成」機能について解説しました。

「レシピ作成」機能を使えば、細かい材料が合わさって完成する一品も、予め登録することで、とても楽にデータベースから引っ張って登録ができましたね。MyFitnessPalを使うなら、ぜひ知っておきたい機能です。

今回は、食品登録機能の集大成ともいえる「ミール作成」機能について紹介していきます。

「ミール作成」機能は、これまで紹介してきた登録機能を集約させたような機能です。

「フード作成」「レシピ登録」に「ミール作成」機能を加えれば、食品登録に関しては最高の効率化が図れること請け合いです。

早速「ミール作成」機能について見ていきましょう。

「ミール作成」機能

「ミール作成」機能とは、あらゆる食品データを一緒くたにして、「ミール」として登録できる機能です。

“あらゆる食品データ”とは、次の食品データを指します。

  • 「データベース検索」から取得できるデータ
  • 「フード作成」機能で作成したデータ
  • 「レシピ作成」機能で作成したデータ
  • 「ミール作成」機能で作成したデータ

上記のとおり、すべての食品データが登録対象になるのがポイントです。

「ミール作成」機能を駆使すれば、複数の品目から成る食事内容を最短たったの4タップで登録できてしまいます。

MyFitnessPalの無双的効率性は、この機能に集約されていると言っても過言ではありません。

また「フード作成・レシピ作成」で作成したオリジナルデータから取得できることは、記録ミスが生じにくくなるので助かります。

食品登録機能を駆使して、自分にとって最良のデータベースを構築

確かな情報源から「フード作成」によって作成したデータを基礎に、レシピを作り、ミールに落し込むことで、自分にとってかけがえのないデータベースがMyFitnessPalに構築されます。

こうして構築したオリジナルデータベースがあれば、もう日々の食事管理に煩雑さを感じることは無くなるでしょう。

更に日々使い続けることで、データベースは進化を続けますから、ますます便利になってアプリを手放せなくなるはず。

この領域まで来ると、もはや食事管理は爽快です。

【実践】「ミール作成」機能による食品登録

では、実際に「ミール作成」機能を使って、食事内容を登録してみましょう。

ここでは「レシピ作成」機能で作ったオリジナルカレー、前回記事で紹介した「データベース検索」機能で取得した発芽玄米とヨーグルトを一つのミールに登録してみます。

「ミール作成」機能でいつもの食事内容を登録する

まずは、ホーム画面を表示させます。

朝食カテゴリの「+フードを追加」をタップしましょう。

ダイアリー画面の朝食カテゴリ内、「+フードを追加」をタップしましょう。

ダイアリー画面の朝食カテゴリ内、「+フードを追加」をタップしましょう。

「朝食」画面が表示されたら、「ミール」タブをタップして、「食事を作成」をタップしましょう。

「朝食」画面が表示されたら、「ミール」タブをタップして「食事を作成」をタップしましょう。

「朝食」画面が表示されたら、「ミール」タブをタップして「食事を作成」をタップしましょう。

「食事を作成」画面が表示されたら、まずは、食事品目を登録してみましょう。

「この食事にアイテムを追加」をタップします。

食事品目を登録すべく、「この食事にアイテムを追加」をタップします。

食事品目を登録すべく、「この食事にアイテムを追加」をタップします。

「フードを追加」画面が表示されたら、「レシピ」タブをタップすると、登録していたレシピが表示されます。

オリジナルカレーが確認できるので、タップしてみましょう。

※確認できない場合は、「フードを検索」にキーワードを入力して検索してみましょう。

「レシピ」タブをタップして、予め登録しておいた品目をタップしましょう。

「レシピ」タブをタップして、予め登録しておいた品目をタップしましょう。

内容に誤りがなければ、画面右上のチェックマークをタップしましょう。

内容を確認のうえ、画面右上のチェックマークをタップしましょう。

内容を確認のうえ、画面右上のチェックマークをタップしましょう。

「追加しました!」と表示されたら、レシピデータの登録は完了です。

続いて「発芽玄米」を登録してみましょう。

レシピ登録直後の画面にある「フードを検索」ウインドウをタップして、「発芽玄米」と入力し、検索してみましょう。

「フードを検索」ウインドウをタップして、品目名を入力したら、検索しましょう。

「フードを検索」ウインドウをタップして、品目名を入力したら、検索しましょう。

検索結果が一覧表示されましたね。ここでは一番上の「発芽玄米 発芽玄米,100g」を選択しましょう。

内容に誤りがなければ、そのまま画面右上のチェックマークをタップします。

検索候補リストの中から、目ぼしいものをタップします。

検索候補リストの中から、目ぼしいものをタップします。

「食事を作成」画面に戻って見ると、「発芽玄米」が登録されているのが確認できます。

この調子でヨーグルトも登録してみましょう。

目当ての品目が登録されたのが、確認できます。

目当ての品目が登録されたのが、確認できます。

最終的には、次のような登録内容になります。

登録した品目は、ここで確認できます。

登録した品目は、ここで確認できます。

内容を登録し終えたら、「この食事に名前を付けてください」と記載された部分をタップして、食事の名前を入力しましょう。ここでは「いつもの朝食」と入力します。

入力したら、画面右上の「保存」をタップしましょう。

すると、「ミール」タブのリストに「いつもの朝食」が表示されました。

これでミールの登録は完了となります。

「ミール」タブをタップして、登録したミールが表示されているか確認してみましょう。

「ミール」タブをタップして、登録したミールが表示されているか確認してみましょう。

一度登録したミールは、いつでも利用可能

登録済みのミールの登録は、先ほど表示されていた「いつもの朝食」をタップすればOK。

タップすると「ミールを追加」画面が表示され、ミールの内容が確認できます。

内容に誤りがなければ、画面右上のチェックマークをタップしましょう。

これでダイアリーの朝食欄にミール内容のすべてが登録されました。

このようにして一度登録したミールは、いつでも参照し、ダイアリーに追加することができます。

1タップでミール登録していた3品目が、同時に登録されました。

1タップでミール登録していた3品目が、同時に登録されました。

【おまけ】「バーコードスキャン」機能

「バーコードスキャン」機能とは、商品ごとに固有のバーコードをMyFitnessPalのスキャン機能で読み取ることで、商品の栄養成分データが取得できる機能です。

スキャンの精度はかなり高い

100%の精度とはいかないようですが、僕が試したところ成功率100%でした。メジャーな商品ほど読み取れるのかもしれません。

こればかりは何とも言えませんが、スキャンが煩わしくなければ、かなり使える機能だと思います。

「バーコードスキャン」機能の欠点

個人的に「バーコードスキャン」機能をおすすめしていません。その理由は、スキャンしたデータを「フード作成」機能に流用して登録できないためです。

つまり食べた都度スキャンしなければなりません。その都度はかなり煩わしい作業になります。

一方、初めて食べたものはすべて「フード作成」機能で登録するようにすれば、登録の手間はありますが、以後手を煩わせることはありません。

このプロセスを取ることで自分のデータベースも進化させることにもつながるので、私は「フード作成」機能を率先して使うようにしています。

ただこれは好き好きの問題なので、自分に合った登録機能を選んで利用するのが賢明でしょう。

【実践】「バーコードスキャン」機能による食品登録

まずはダイアリー画面を表示して、朝食カテゴリの「+フードを追加」をタップします。

ダイアリー画面の朝食カテゴリ内「+フードを追加」をタップします。

ダイアリー画面の朝食カテゴリ内「+フードを追加」をタップします。

「朝食」画面が表示されたら、バーコードのマークをタップします。

「朝食」画面にあるバーコードマークをタップします。

「朝食」画面にあるバーコードマークをタップします。

カメラ機能が立ち上がるので、お手元にある食品のバーコードを読み取ってみましょう。

ここでは「グリコ LIBERA ビター」を読み取ってみます。

商品のバーコードをカメラに写すだけで、自動的にデータを検索してくれます。

商品パッケージに印刷されているバーコードをカメラで読み取るだけです。

商品パッケージに印刷されているバーコードをカメラで読み取るだけです。

一定時間待つと、このように商品のデータを取得できます。

画面右上のチェックマークをタップすることで、登録可能です。

このようにデータを取得することができます。

このようにデータを取得することができます。

このように無事、登録することができました。

このように簡単に登録することができます。

このように簡単に登録することができます。

今回の要点

今回は、MyFitnessPal食品登録の集大成といえる「ミール作成」機能について紹介しました。

これまで4つの記事に渡って紹介してきた食品登録機能を駆使すれば、MyFitnessPalの真価が発揮され、最高の効率性をもって食事管理が行えるようになります。

あとは数をこなして機能に慣れ親しめばOKです。悠々と食事管理できる日は、もうすぐそこです。

皆さんの食生活がMyFitnessPalでより健全なものになれば嬉しく思います。

 

【PR】脂肪を劇的に落とす食事法、知りたくないですか?

食事管理アプリ”MyFitnessPal”が秀逸なのは、もはや疑いようのない事実です。

ただ勘違いしてほしくないのは、食事管理アプリの良し悪しでダイエットの成否が決まるわけではないということです。

便利な食事管理アプリを使いこなして結果に結びつけるには、ダイエットに有効な食事法の習得が欠かせません。

そこで筋肉を最大限維持しながら、脂肪だけをカラダから削ぎ落していくための食事法が分かりやすく掲載されている書籍、『リバウンド知らずの“脂肪撃退”マニュアル 除脂肪メソッド』を紹介します。

食事で脂肪を落とす方法がこの一冊に集約

本の表紙を見ると、男性向けの筋トレ関連本のようですが、実のところ脂肪をカラダから取り除くために必要なテクニックが満載の書籍です。

体重を落とすことの基本的な考え方から、具体的に食事から摂取すべき三大栄養素のバランスまで分かりやすく解説されています。

美しいボディメイクには“除脂肪”が欠かせない

ダイエットと一口に言っても、減量の方法は実に様々です。

本書では、「ただの減量」と「除脂肪」を厳密に区別して、「除脂肪」による痩身法を提唱しています。

「ただの減量」と「除脂肪」の違いは、次のようなものです。

  • 「ただの減量」
    脂肪と筋肉を減少させて体重を落とす痩身法。食事を減らして痩せたり、その上で運動量を増やしたりする手法が一般的な方法です。
  • 「除脂肪」
    筋肉は最大限維持しながら、脂肪だけを減少させて体重を落とす痩身法。適切な食事管理と筋トレによって脂肪をメインとした体重減少を狙う方法です。

「ただの減量」によるダイエットは、即効性がありますが、筋肉を落として痩せるので見栄えが悪く、リバウンドしやすいデメリットがあります。

一方、「除脂肪」によるダイエットは、即効性は期待できませんが、筋肉を最大限キープしながら脂肪を落として痩せるので見た目に美しくかっこよく、リバウンドもしにくいメリットがあります。

誰にでも適用できる除脂肪メソッド

本書には、美しく痩せる除脂肪メソッドを実践するための知識が惜しみなく掲載されています。

特にこの本のメソッドが優れている点は、全ての人にあてはめて実践できることです。

他の書籍で見受けられる”個人的見解”や”個人の体験”などに基づいたダイエット法は、あくまでその人の体験であって、他の人にあてはまるかどうかは極めてグレーです。

そうした属人的でグレーな方法論は、本書では一切掲載されていません。あくまで確かな科学的根拠に基づいた方法論に限られています。この点は、本書の非常に信頼の置ける部分でもあります。

テレビでも見かける骨格筋評論家の岡田隆さんの著作です

著者である岡田隆さんは、リオ五輪で日本柔道を復活させたことで一躍有名になった方で、日本オリンピック協会の強化スタッフを務める傍ら、日本体育大学体育学部の准教授として骨格筋や減量などをテーマに研究をされています。

こうしたバックボーンのある方なので、本書で紹介されている科学的で論理的なダイエット法は、とても信頼が置けますし、安心して実践できますね。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

岡田隆さん(@bazooka_okada_takashi)がシェアした投稿 -

正直この一冊を読み込むだけで、大方のダイエットは上手くいくでしょう。それほど本書に掲載されているメソッドは、確実にカラダを変える力を持っています。

リバウンド対策も充実

本書には、リバウンドに対する備えもしっかり掲載されています。

せっかく理想的に除脂肪されたボディを手に入れても、後に脂肪を増やして体重増加してしまっては、元も子もありません。そのような事態を避けるために行うとよい効果的なリバウンド対策が紹介されている点も、本書の心強い部分です。

美しいカラダ作りに資する筋トレメニューも満載

メリハリのあるボディは、脂肪を落とす食事管理だけでは得られず、やはり筋トレが欠かせません

本書では「仕上げのトレーニング」と題して、きれいに筋肉をつけてアウトラインの美しいカラダになるための厳選トレーニングメニューを掲載しています。

とりえあず本書に従ったトレーニングメニューをこなすだけでも、見栄えのよい美ボディを作り上げることができます。

ダイエットに効く豆知識が豊富な点もGood!!

ちょっとしたコラム程度に掲載されている豆知識も、ダイエットに効く話ばかりでためになり、面白く読むことができます。筋肉の同化・異化作用や、サプリメントや外食・コンビニの活用術など、実際に除脂肪を行う場面で役立つ知識ばかりですから、知っておいて損はありません。

正しい知識を身につけて、効率的かつ効果的なダイエットを!

ダイエットを健康的に成功させるためには、正しい知識が必要です。

なりたいイメージが「病的な印象を与えるゲッソリした自分」という方は稀でしょう。やはり多くの方は「健康的で快活なイメージを与える引き締まったボディ」を望むはずです。本書の知識は、そうした理想の実現をダイエットの終始に渡ってサポートしてくれるでしょう。

書店でザッと立ち読みする程度でも、得られる知識の効果は十分だと思うので、ぜひ機会を見つけて一度目を通してほしいと思います。

-ダイエットで最も重要な食事法について知りましょう!
-, , , ,

Copyright© ダイエット女子|食事と筋トレで美ボディダイエット , 2019 All Rights Reserved.