サプリメント(錠剤)でハートを形成しているイメージ画像

ダイエット効果を高めるサプリメントについて知りましょう!

ダイエットに役立つサプリをお得に買うには(販売店比較)

更新日:

サプリメントは今やスーパー・コンビニでも買えるようになりました。

便利ですがその反面、お店選びに失敗してしまうと望ましくないサプリメントを割高な価格で買ってしまうなどの弊害もあります。

そこでここでは代表的なサプリ販売店や各販売チャネルのメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

サプリ通販サイトiHerb(アイハーブ)

 

サプリメント通販サイトiHerbのトップページ画像

iHerbはフィットネス先進国であるアメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くサプリメントの総合通販サイトです。その特徴は何といっても多種多様なサプリから選べる豊富な品揃え低価格にあります。

私も実店舗・ネット問わず様々なお店を利用してきましたが、最終的にはiHerbに行き着いて今ではほぼ全てのサプリをiHerbから購入しています。

もちろん完璧な販売店というわけではありませんから、以下でiHerbを利用する際のメリット及びデメリットについて挙げていきたいと思います。

iHerbでサプリを購入するメリット

iHerbでサプリを購入するうえで注目すべきメリットは次の3つが挙げられます。

[box class="yellow_box"]

  1. 豊富な商品数の中から自分に合ったサプリを購入できる
    iHerbは実に1200種類のブランド、35000点を超える商品数を誇ります。定番のサプリに留まらず、日本ではあまり見られない商品が多数取り揃えられていますし、これだけの種類があれば個々に合ったサプリは概ね見つかるはずです。
    もちろん実績のあるブランドの商品が名を連ねていますから、サプリの品質に関しても安心です。
  2. 破格の安さで購入できる
    サプリによっては他サイトの半額以下という驚きの安さで常時販売しています。キャンペーンも頻繁に実施していて、更に10%OFFで買える場合もあります。
  3. 注文毎にロイヤルティクレジットが貰える
    これはポイント還元のようなもので次回に利用できるクレジットが付与されるシステムになっています。送料を除外した割引後の注文の合計金額の5%がロイヤルクレジットとして付与されるので、かなりお得なサービスです。

[/box]

iHerbでサプリを購入するデメリット

iHerbでサプリを購入する際のデメリットは次の4つが考えられます。

[box class="yellow_box"]

  1. 配送料が掛かる可能性がある
    2018年1月12日現在、合計購入金額4521円以下で有料になるようです。
  2. 関税、その他の税、手数料が生じる可能性がある
    注文金額が15500円を超える場合、配送時に関税その他の税金や手数料が掛けられます。
  3. 商品配送に重量制限がある
    iHerbではヤマト運輸と佐川急便を選んで利用できますが、ヤマト運輸で8kg、佐川急便で13kgまでが配送する商品重量の上限になります。
  4. 商品到着まで日数を要する
    商品を受け取るまで1週間程度は見ておく必要があります。

[/box]

結論

配送に関する部分では若干のデメリットがあるものの、その他の面では文句の付け所がない優良なサプリ販売店といえます。

ちなみに上記デメリットについては、次の対策を講じれば概ね解消できます。

[box class="yellow_box"]

  1. 配送料が掛かる
    ある程度まとめ買いをすることでクリアできます。
  2. 関税などの手数料、重量制限
    二分割以上に分けて注文すればクリアできます。

[/box]

商品受取に日数が掛かるデメリットは甘んじて受け入れなければなりませんが、iHerbを利用する上での実質的な不利益はデメリット4のみといえます。

私の知る限りですが、殆どデメリット無しで割安かつ高品質のサプリを購入できる販売店は唯一無二です。

[btn class="big maru"]iHerbへ[/btn]

サプリを販売する実店舗(ドラッグストア・スーパー・コンビニ)

ドラッグストア、スーパー、コンビニなどは今や至る所に在りますから、いざという時に利用できるのは非常に便利です。

しかし日常的に利用するサプリ販売店としてはあまりおすすめしません。

ひとまずはメリットとデメリットを挙げてみましょう。

実店舗でサプリを購入するメリット

実店舗でサプリを購入するうえで注目すべきメリットは次の2つが挙げられます。

[box class="yellow_box"]

  1. いつでも思い立ったらすぐに買いに行ける
    サプリが切れてしまって予備が無かったという場合、すぐに買いに行けるのは大きなメリットです。至る所にお店があるのでフラッと立ち寄れるのも便利ですね。
  2. 店舗独自のポイントが貯まる
    普段から貯めているポイント類がある場合、この点は見逃せないかもしれません。

[/box]

実店舗でサプリを購入するデメリット

実店舗でサプリを購入する際のデメリットは次の3つが考えられます。

[box class="yellow_box"]

  1. 品揃えが豊富ではない
    品揃えが売れ筋商品を基本としているのが最大のデメリットでしょう。サプリを選択する自由が殆ど無いのはサプリ販売店としては致命的です。
  2. 販売価格が非常に高い
    通販サイトに比べて非常に割高で販売されており、とても同じ商品とは思えない価格差があります。定価で売られている場合もしばしばです。
  3. 自分で商品を持って帰らなければならない
    ビタミンCなどのサプリを一つだけ購入するような場合は問題ないでしょう。
    しかし例えばプロテインなどの場合、内容量が多いためにどうしても重たくなりがちです。これを手で持って帰るのを想像するだけで煩わしさを感じませんか。
    通販サイトで購入すれば玄関先まで届けてくれるので、この差は特に女性にとっては重要なんじゃないかと思っています。

[/box]

結論

気軽に利用ができてポイントが貯まるというメリットは他の販売店にはありません。

しかし良質なサプリをお得に購入するのが目的であれば、そのメリットは本末転倒です。商品数は少なく、価格もリーズナブルではないのではサプリ購入に関するメリットがありません。

そのため実店舗は緊急時に止むを得ずサプリが必要になった場合に限って利用するのが良いのではないかと思います。

総合通販サイトAmazon.co.jp

 

通販サイトAmazon.co.jpのトップページ画像

もはや現代社会の生活インフラの様相を呈している、ご存知Amazon(アマゾン)です。

まずはサプリ購入のメリット・デメリットを挙げてみましょう。

Amazonでサプリを購入するメリット

Amazonでサプリを購入するうえで注目すべきメリットは次の5つが挙げられます。

[box class="yellow_box"]

  1. 豊富な商品数の中から自分に合ったサプリを購入できる
    iHerbほどではありませんが「サプリメント・ビタミン」のカテゴリに登録されている商品数は約27700点(2018年1月12日現在)と品数は豊富です。これくらいの品数の中から選択できるなら必要なサプリは概ね購入できると思います。
  2. 取引が国内で完結しているため安心して利用できる
    グローバル社会とはいえ外国製品に不安を抱く方はまだ数多くいると思います。その点でAmazonは日本から商品の発送を行っているので安心です。
  3. 国産ブランドの品揃えが豊富
    例えば大塚製薬、DHC、アサヒ、江崎グリコなどの製品はiHerbでは取り扱いがありません。これはiHerbにはない明らかな優位点だと思います。
  4. 商品が届くまでの時間が短い
    Amazonの商品発送の迅速さには定評がありますから、この点は他の販売店を寄せ付けない圧倒的な優位点といえるでしょう。
  5. 「Amazon定期おトク便」を使えばお得に購入できる
    通常の販売価格から更に最大15%程度ディスカウントが受けられるのは大きいと思います。

[/box]

Amazonでサプリを購入するデメリット

Amazonでサプリを購入する際のデメリットは次の2つが考えられます。

[box class="yellow_box"]

  1. 販売価格が割高な場合がある
  2. サプリの栄養素含有量が乏しい場合がある

[/box]

以下でそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

販売価格が割高な場合がある

サプリメントの種類によりますが、例えばプロテインなどは割高である傾向があります。

例えばOptimum Nutrition社のGold Standard 100%ホエイ エクストリームミルクチョコレート味(2.27kg)の価格を比較してみると、iHerbがAmazon(定期おトク便)よりも988円安く販売していました(2018年1月現在)。更にiHerbにはキャンペーンによるディスカウントや5%のロイヤリティクレジット還元などがあるため、価格差は更に開くでしょう。

[aside type="warning"]iHerbが割高になるケースもある

例えばネイチャーメイドのマルチビタミン&ミネラルを比較すると、AmazonはiHerbよりも価格差こそ26円高いものの服用量ごとに計算すると約1円安くなっていますから、必ずしもiHerbの方が安いとは言い切れません。

ただ注意してほしいのは「価格」ではなくサプリの「栄養素含有量」です。一見同じサプリでもAmazonとiHerbでそれぞれ販売されているサプリの栄養素含有量には無視できないほどの格差があります。この点については次のデメリットで解説します。

[/aside]

サプリの栄養素含有量が乏しい場合がある

前提知識として知っていてほしいのは次の2点です。

[box class="yellow_box"]

  1. 巷で販売されているサプリは製品ごとに栄養素の含有量が異なる
    例えばマルチビタミン&ミネラルの場合、A社はビタミンAが特に豊富に含まれ、B社はビタミンDが豊富といった違いがあります。
  2. 厚生労働省が推奨する一日の栄養素摂取量や、トレーニングを行う人にとって必要な栄養素の摂取量という基準が存在する
    厚労省が推奨する摂取量やトレーニングを定期的に行う人に適した摂取量に見合った栄養素を私たちは食事やサプリから摂取すべきです。逆に上限値も定められていて、その値を超えて摂取することは控えるべきでもあります。

[/box]

以上を前提として注目したいのが、サプリに含まれる栄養素の量です。

概して日本で売られているサプリの多くはアメリカで販売されているサプリに比べて栄養素の含有量が乏しいです。そのため国内において割安価格でサプリを購入できたとしても栄養素の含有量が乏しいために、摂取していても必要量に満たない場合があります。

[aside type="warning"]プロテインの摂取量には特に注意!

プロテインは1回当たり20gの摂取が閾値を満たすために不可欠ですが、国内で販売されているプロテインはそれに満たない量を用量としている場合があります。それでは閾値に満たないため、プロテイン摂取の効果が十分得られません。プロテインを購入する際は一回当たりに含まれるタンパク質量が20gを超えるものを選ぶようにしましょう。

[/aside]

[box class="glay_box" title="サプリの栄養素含有量の比較"]

ここでは例としてAmazon及びiHerbで販売されている「Nature Madeマルチビタミン&ミネラル」の一回当たりの摂取量に含まれるビタミンC、D、E、ナイアシン、カルシウム、マグネシウムの含有量を比較してみましょう。

Amazon、iHerbそれぞれの栄養素含有量は次の通りです。

栄養素名AmazoniHerb厚労省目安量/推奨量厚労省耐容上限量
ビタミンC75mg180mg100mg-
ビタミンD2.5㎍25㎍5.5㎍100㎍
ビタミンE13.4mg50mg6mg650~700mg
ナイアシン7.5mg20mg11~12mg250mg
カルシウム100mg250mg650mg2500mg
マグネシウム50mg100mg270~290mg350mg

参考:厚生労働省(2014年)「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要, <http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf>,2018年1月12日アクセス
※厚生労働省の目安量及び推奨量は20歳以上の女性の数値を掲載しています。

以上の数値を見ると一目瞭然でiHerbの方が全成分で含有量が多いのが分かります。厚生労働省の目安量/推奨量と耐容上限量に照らしてもiHerbのサプリの栄養素含有量が過剰とはいえません。つまりiHerbのサプリの方がAmazonのものよりも一日に必要とされる栄養素を適切に摂取でき、その意味で品質が良いと考えられます。

[/box]

購入時に見比べるべきポイントは「販売価格」とサプリに含まれる「栄養素含有量」のバランスだと思います。

購入したい銘柄や求める品質の程度によってはAmazonの方が優れている場合もあるでしょう。

Amazon定期便を利用すると最大15%ディスカウントされるのも魅力的です。

しかし以上の比較データに基づくなら、栄養価の面ではiHerbが圧倒的に優れていますから、価格と品質のバランスで選ぶならiHerbに軍配が上がるのではないでしょうか。

結論

Amazonは実店舗とiHerbの中間に位置し、状況に合わせて適宜利用するのが良いのではないかと思います。ただし高品質なサプリを割安な価格で購入する販売店としてはiHerbに劣ります。

[btn class="big maru"]Amazon.co.jpへ[/btn]

サプリでダイエットを加速させましょう

サプリは必要不可欠なものではありませんし、基本的に食事管理と筋力トレーニングを堅実にこなし続けて得られる効果こそがカラダを変える刺激のメインストリームであるべきです。

ただ同時に食事の補助としてサプリを併用すれば、美しいカラダの獲得を加速度的に実現させるサポートをしてくれるのも事実です。

別記事「ダイエット効果を高めるおすすめサプリメント3選」でご紹介しているプロテインアミノ酸(BCAA)マルチビタミン&ミネラルなどのサプリは特にダイエットにおいて大きな効果が期待できます。

サプリの導入を検討するのであれば、まずはこれらのサプリから導入してみてはいかがでしょうか。

[kanren postid="392"]

-ダイエット効果を高めるサプリメントについて知りましょう!
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© ダイエット女子|食事と筋トレで美ボディダイエット , 2019 All Rights Reserved.