ダイエットに成功して笑顔で親指を立てている女性

あなたのダイエット目標を7ステップで達成させる美ボディメイク法

美ボディメイク法2:ダイエット成功までの流れ

更新日:

ダイエットを成功させるためには期間をいくつかに区切り、その期間ごとに異なる目的意識・目標をもって臨まなければなりません。

人間のカラダはそう単純には出来ておらず、筋肉の増強と除脂肪を同時並行で行いながら理想的なカラダを作るという完璧な減量プランは上手くいかないのが通常です。だからこそ期間を分け、それぞれに合った目的意識を持つことが大切です。

ここでは人間の構造上、最も効率的だと思われる減量工程について説明していきます。

美ボディメイク法の流れ

美ボディメイク法は、ダイエット成功までの流れを三つの期間に分けて考えます。

[box class="yellow_box"]

  1. 増量期
  2. 減量期
  3. 維持期

[/box]

以下でそれぞれの期間について簡単に説明しましょう。

増量期

増量期とは筋肉量を増加させる期間です。

筋肉量を増加させることで痩せやすいカラダを作り上げて、来たる減量期に備えます。

この時期は筋肉量を増やすことにフォーカスする期間のため、「食事管理」と「筋トレ」は次のようなスタンスになります。

[box class="green_box" title="食事管理"]
筋肉量を増やすには、一日の代謝量をちょっと上回るくらいのカロリー摂取を行うのが効率的です。炭水化物を多めに摂取してエネルギーを蓄え、そのエネルギーを筋トレに充てます。そして筋トレ後はタンパク質をしっかりと摂取して、筋トレによる筋肉量アップを最大限サポートします。
[/box]

[box class="blue_box" title="筋トレ"]
筋肉量を増やすべくパフォーマンスアップを目指したトレーニングを行います。よって扱う重量を上げていくことが重要になります。
[/box]

痩せるために増量する必要性について

必ずしも必要性があるわけではありませんが、結論から言って効率的に痩せることができるためです。

美ボディの美しいフォルムを手に入れるには、一定の筋肉量が欠かせません。それゆえ減量期を経て維持期に到達した段階で、ある程度の筋肉量を保持しておく必要があります。

しかし仮に「増量はやっぱりしたくないから・・・」と増量期をスキップして減量期に入ると、減量期終了時点での筋肉量は減量開始時点よりも少なくなってしまいます。そこから筋肉量を増加させようとすると、筋肉量の増加と同時にどうしても脂肪も増やすことになってしまいます(人間の構造上、筋肉と脂肪はセットで増減するのが通常です)。

このタイミングでの筋肉量増加が「減量→増量」サイクルの決定的な難点です。脂肪は「減量→増量」よりも「増量→減量」の方がよりフォーカスして落とすことができる傾向にあります。つまり増量してから減量した方が筋肉量を維持しながら脂肪を落としやすいわけです。

また筋肉量増加と体脂肪減少を同時に行うことも至難の業です。不可能ではありませんが極めて非効率的で、必要以上の努力を迫られることになります。

そのため、下記の手順を踏むことが結果的に減量の難易度を下げ、より容易で効率的に減量することができます。

[box class="yellow_box"]

  1. まずはしっかりと筋肉量を増やす。
  2. 増えた筋肉量を可能な限り維持する(筋トレを継続)。
  3. 食事管理で体脂肪を落とす。

[/box]

なお増量期を経て減量することにより基礎代謝量が高まっていますから、リバウンドに耐性のある太りにくいカラダ作りができている点も、このフローの大きなメリットになります。

[kanren postid="541"]

減量期

減量期は増量期に増加させた筋肉量を最大限維持しつつ、摂取カロリーを抑えて体脂肪を落とす期間です。

トレーニング内容を維持しながら摂取カロリーを抑えるので、筋トレはこれまでよりもつらいと思います。しかしそこは理想の美ボディ獲得のためにグッと堪えてトレーニングをこなしましょう。

増量期のトレーニング内容を継続して維持期に到達したとき、あなたのカラダは太りにくいカラダへと変貌しています。

そこまでいけば理想の美ボディは見えたも同然です。

[aside type="warning"]
注意事項
減量期に気を付けてほしいことは、減量のペースです。急激な減量はカラダに歪みを生じさせます。老化の原因やリバウンドしやすいカラダになってしまったり、生理不順を引き起こしたりする恐れがありますので、気を付けましょう。
[/aside]

この時期は筋肉量を維持しつつ体脂肪を落とすことにフォーカスする期間のため、「食事管理」と「筋トレ」は次のようなスタンスになります。

[box class="green_box" title="食事管理"]
増量期よりも総摂取カロリーを抑えた内容にしましょう。摂取カロリーはボディメイクにとって不要な栄養素から省いて適正値に調整します。例えばタンパク質は積極的に摂取するようにし、脂質と炭水化物から不要なものを取り除いていくイメージです。
[/box]

[box class="blue_box" title="筋トレ"]
内容は増量期と同様に設定しましょう。摂取カロリーが抑えられている分、辛く感じる部分もあると思いますが、扱うウエイトは下げないよう心掛けましょう。
[/box]

[kanren postid="578"]

維持期

維持期とは増量期や減量期を経て手に入れたカラダを末永く維持するための調整期間です。

この時期は獲得した美ボディを維持することにフォーカスするため、「食事管理」と「筋トレ」は次のようなスタンスになります。

[box class="green_box" title="食事管理"]
摂取カロリーは増量期と減量期の間くらいに調整しましょう。減量期に失った筋肉を取り戻すことが目的です。
[/box]

[box class="blue_box" title="筋トレ"]
増量期の水準でトレーニングを行います。リバウンドに強いカラダに最終調整して、理想の美ボディをキープしましょう。
[/box]

[kanren postid="670"]

4.目標達成のあと

維持期以降は、ぜひ獲得した美ボディを維持し続けてほしいと思います。理想としていたカラダが自分のものになる感覚は、とても心地よく爽快です。

「カラダが変わるとこんなに変わるものなのか」

言葉では何とも言えないフィーリングをあなたにも感じてもらえたら嬉しく思います。

更なる理想の美ボディを追求していく

筋肉量の増加を望むなら再び増量期にシフトしてもいいですし、更に減量を望むならそのまま減量期へ移りましょう。欲望の赴くままに貪欲に美ボディデザインを楽しみましょう。

まずは美ボディメイク法の基礎知識を学びましょう

上記で説明した増量期・減量期・維持期、それぞれの期間ごとに適切な「食事管理」と「筋トレ」を行うことで、一歩一歩理想の美ボディに近づくことができます。

まずは「食事管理」と「筋トレ」の基本知識について理解を深めていきましょう。

食事計画をノートに記載しているところ
美ボディメイク法3:食事管理の基礎知識

食事管理は美ボディメイク法において筋トレに並ぶ重要項目です。あくまで筋トレとセットで行うことでメソッドの効果が最大限発揮されるわけですが、それでもダイエット成功のカギは“食事”にあると言って良いと思い ...

続きを見る

ベンチに座ってダンベルを握る女性
美ボディメイク法4:筋トレの基礎知識

4セット以上こなすことについて食事管理と双璧をなす、ダイエットに欠かせない重要項目が筋力トレーニング(筋トレ)です。 筋肉は美ボディには欠かせません。筋肉が美しいカラダを作るといっても過言ではないでし ...

続きを見る

-あなたのダイエット目標を7ステップで達成させる美ボディメイク法
-

Copyright© ダイエット女子|食事と筋トレで美ボディダイエット , 2019 All Rights Reserved.